榊一郎 (更新終了)

スクラップド・プリンセス

捨て猫王女の前奏曲 スクラップド・プリンセス1
[著者] 榊一郎 [イラスト] 安曇雪伸
[出版] 富士見ファンタジア文庫富士見書房
[ISBN] 978-4-8291-2873-2
Amazon.co.jp
ラインヴァンという名の王国の国教マウゼル教の聖地・グレンデルにおいて、毎年下されるという「託宣」。五千年あまりの間で、たった二度しか外れたことがないと伝えられるこの託宣において、「この世を滅ぼす猛毒」とされ、誕生と同時に抹殺を命じられた存在「廃棄王女」。王国の地方都市で、武具店を営むカスール家の長男シャノンと長女ラクウェル(双子・二十歳)は、十四歳になった妹パシフィカが、両親がひきとった「廃棄王女」であるということを知り、両親の遺言に従って彼女を護り抜くことを決意します。……というところから始まるのですが、ユーモラスな展開や会話も多く、かなり「楽しい」話になっています。パシフィカがかわいいのはもちろんのこと、「面倒くさい」が口癖のシャノンと、いつも「ぽーっ」と幸せな顔をしているラクウェルも、妙にかわいいのです。が、この双子、その両親が只者ではなかったせいもあってか、しっかりパシフィカを守護してます。あと、この話で気になるのが魔法関係です。用語などからして、世界設定に秘密がありそうですね。
赦されざる者達の騒動歌 スクラップド・プリンセス2
[著者] 榊一郎 [イラスト] 安曇雪伸
[出版] 富士見ファンタジア文庫富士見書房
[ISBN] 978-4-8291-2898-5
Amazon.co.jp
シリーズ第2巻。「運命の日」、すなわちパシフィカが十六歳になる日までの、放浪の旅を続けるシャノン一行が、しばらく立ち寄った辺境の街での話です。1巻より、ユーモア(女装に着ぐるみにメイドさん(笑))もシリアスも増えてます。〈守護者〉としてのシャノンとラクウェル、かっこいいんですよね(笑えるところも多いですけど)。また、今回のクライマックスでの戦いから、パシフィカと世界の関係がなんとなく見えてきました。
異端者達に捧ぐ鎮魂歌 スクラップド・プリンセス3
[著者] 榊一郎 [イラスト] 安曇雪伸
[出版] 富士見ファンタジア文庫富士見書房
[ISBN] 978-4-8291-2919-7
Amazon.co.jp
シリーズ第3巻。動力船でも渡るのに丸一日かかるという大河で遭難したシャノン一行。彼らが流れ着いたのは、国教マウゼル教に迫害された人々によって要塞化された島であり、その指導者とされていたのは、「廃棄王女」を名乗る女性エルフィティーネ……。というわけで、謎の組織の本拠地〈ブラスフェマーズ・ガーデン〉が舞台ですが、今回はやや番外編っぽい話でした。今回も、魔法関係の描写がなかなか興味深いです。魔法工学に基づく立体構造の魔法陣とか、共同仮想意識の中で連鎖的に構築される魔導式とか、各国間の条約で禁止された長距離戦略級攻性魔法とか……こういうの好きです。
半熟騎士の行進曲 スクラップド・プリンセス4
[著者] 榊一郎 [イラスト] 安曇雪伸
[出版] 富士見ファンタジア文庫富士見書房
[ISBN] 978-4-8291-2938-8
Amazon.co.jp
シリーズ第4巻。「ドラゴンマガジン」連載分を加筆修正したものです(2巻も同様。3巻は書き下ろし)。正義の騎士を目指して武者修業中の、思い込みの激しい少年レオポルド君登場(ということで「レオ編」だそうです)。ギャグキャラ的に登場したレオ君ですが、ラストではなかなかやってくれますね〜。「お約束」かもしれませんが……。今回の最終話で、かなり世界の秘密が見えてきました。いきなり派手ですね。
捨て犬少女の夜想曲 スクラップド・プリンセス5
[著者] 榊一郎 [イラスト] 安曇雪伸
[出版] 富士見ファンタジア文庫富士見書房
[ISBN] 978-4-8291-2961-6
Amazon.co.jp
シリーズ第5巻。シャノンが買い出しに出かけた街で拾ってきた、黒瞳黒髪で記憶喪失の少女スィン。彼女はシャノンになついてしまい、結果的にシャノンとパシフィカの関係がぎくしゃくしたものになってしまいます。それでも、自分がスィンに嫉妬していることをパシフィカは認識してて、自己嫌悪に陥っちゃったりするのですが……。
つかの間の歌劇曲 スクラップド・プリンセス6
[著者] 榊一郎 [イラスト] 安曇雪伸
[出版] 富士見ファンタジア文庫富士見書房
[ISBN] 978-4-8291-1306-6
Amazon.co.jp
シリーズ第6巻。番外編的な話です。魔物に襲われていた巡回劇団を助けたシャノンたちでしたが、ラクウェルの魔法の暴走で劇団員に怪我を負わせてしまい、かわりに彼らが舞台に上がることに……。こうして、一週間後の公演にむけてのトタバタが始まります。そして本番。台本どおりに劇が進行するはずもなく……(笑)。
通りすがりの子守歌 スクラップド・プリンセス7
[著者] 榊一郎 [イラスト] 安曇雪伸
[出版] 富士見ファンタジア文庫富士見書房
[ISBN] 978-4-8291-1324-0
Amazon.co.jp
シリーズ第7巻。これも番外編っぽいですね(パシフィカとは別に、クリス君の周辺ではいろいろ動きがありますが)。赤ちゃんを拾ってしまい、苦労してその世話をするシャノンたち。その赤ちゃんを連れ去りに来た二人組の傭兵に対し、ラクウェルの新魔法が炸裂します(笑)。
終わりなき恋歌 スクラップド・プリンセス8
[著者] 榊一郎 [イラスト] 安曇雪伸
[出版] 富士見ファンタジア文庫富士見書房
[ISBN] 978-4-8291-1365-3
Amazon.co.jp
シリーズ第8巻。今回はパシフィカを狙う殺し屋の話です。あとがきにもありますけど、えぐいです……(「自滅」シーンとかも)。これも番外編っぽい話ですね。登場人物が少ないので、「敵」が誰なのかすぐにわかってしまうかもしれません。
獣姫の狂詩曲 スクラップド・プリンセス9
[著者] 榊一郎 [イラスト] 安曇雪伸
[出版] 富士見ファンタジア文庫富士見書房
[ISBN] 978-4-8291-1385-1
Amazon.co.jp
遥かなる追想曲 スクラップド・プリンセス10
[著者] 榊一郎 [イラスト] 安曇雪伸
[出版] 富士見ファンタジア文庫富士見書房
[ISBN] 978-4-8291-1440-7
Amazon.co.jp
さまよう者達の組曲 スクラップド・プリンセス サプリメント
[著者] 榊一郎 [イラスト] 安曇雪伸
[出版] 富士見ファンタジア文庫富士見書房
[ISBN] 978-4-8291-1469-8
Amazon.co.jp
路地裏の挽歌 スクラップド・プリンセス11
[著者] 榊一郎 [イラスト] 安曇雪伸
[出版] 富士見ファンタジア文庫富士見書房
[ISBN] 978-4-8291-1514-5
Amazon.co.jp
反逆者達の多重奏 スクラップド・プリンセス12
[著者] 榊一郎 [イラスト] 安曇雪伸
[出版] 富士見ファンタジア文庫富士見書房
[ISBN] 978-4-8291-1539-8
Amazon.co.jp
天に響く聖譚詩 スクラップド・プリンセス13
[著者] 榊一郎 [イラスト] 安曇雪伸
[出版] 富士見ファンタジア文庫富士見書房
[ISBN] 978-4-8291-1562-6
Amazon.co.jp
恋人たちの狂騒曲 スクラップド・プリンセス サプリメント2
[著者] 榊一郎 [イラスト] 安曇雪伸
[出版] 富士見ファンタジア文庫富士見書房
[ISBN] 978-4-8291-1604-3
Amazon.co.jp
聖地に流れる円舞曲 スクラップド・プリンセス サプリメント3
[著者] 榊一郎 [イラスト] 安曇雪伸
[出版] 富士見ファンタジア文庫富士見書房
[ISBN] 978-4-8291-1658-6
Amazon.co.jp
竜乙女の変奏曲 スクラップド・プリンセス サプリメント4
[著者] 榊一郎 [イラスト] 安曇雪伸
[出版] 富士見ファンタジア文庫富士見書房
[ISBN] 978-4-8291-1718-7
Amazon.co.jp
語られざる譚詩曲 スクラップド・プリンセス サプリメント5
[著者] 榊一郎 [イラスト] 安曇雪伸
[出版] 富士見ファンタジア文庫富士見書房
[ISBN] 978-4-8291-1764-4
Amazon.co.jp

ストラグルフィールド

真人族と鬼人族という二つの種族が対立しつつも共存している世界が舞台の物語。かつては「戦魔」とまで呼ばれながらも、剣を捨てて農村で暮らす元傭兵ヴァレルと、「戦魔」としてのヴァレルの姿をもう一度見ることを望む女戦士レイヴンの語です。「復讐者の残影」は、「鏡の中の戦魔」と同じ世界での別の話で、一部の人物が共通して登場してます。

鏡の中の戦魔 ストラグルフィールド
[著者] 榊一郎 [イラスト] 騎羅
[出版] ファミ通文庫エンターブレイン
[ISBN] 978-4-7577-0256-1
Amazon.co.jp
復讐者の残影 ストラグルフィールド
[著者] 榊一郎 [イラスト] 騎羅
[出版] ファミ通文庫エンターブレイン
[ISBN] 978-4-7577-0799-3
Amazon.co.jp
http://www.matsubokkuri.net